偏相関

店舗における最高気温の影響を除いたときの、最低気温と来店客数の関係を調べる。

次のデータは、ある店舗における過去1週間の最高気温、最低気温、ならびに来店客数です。
最高気温の影響を除いた、最低気温と来店客数の関係について調べてみることにしましょう。

表_No.29偏相関_①店舗における最高気温

出力結果

30 partial

求める偏相関係数は、-0.12377となりました。

店舗における気温の影響を除いたときの、ホットコーヒーの売り上げと来店客数の関係を調べる。

ホットコーヒーの売り上げと来店客数との関係性を相関係数で示すと-0.57714となり、来店客数が少ないときのほうが、ホットコーヒーの売り上げは上昇する傾向にあることが読み取れます。しかし、体感的に温かい日でも、ホットコーヒーの需要はあるように感じられます。
そこで、気温の要因を排除した場合のホットコーヒーの売り上げと、来店客数との関係性を数値で示してみることにしましょう。

偏相関 hot coffee
コーヒーの売り上げ:杯
来店客数:人
気温:℃

データ入力画面

30 partial

出力結果

30 partial

偏相関係数は0.2298435と正の値であるため、来店客数が少ないほど、ホットコーヒーの売り上げが上がるわけではないことがわかります。また、この数値から、気温の影響を除いた場合のホットコーヒーの売り上げと来店客数との間に、強い関係性があるとは言えないことがわかります。