分散分析

ANOVA / Analysis of Variance 分散を用いた平均値の分析

一元配置分散分析(対応なし)One-way anova

3つ以上の群のサンプルサイズ、平均値、標本標準偏差をもとに、各群の平均値を比較します。 平均値に違いがある場合、どの群間に差があるかを調べる場合は多重比較検定を利用します。

STATWEB出力内容

F値、有意確率、多重比較(テューキー、ボンフェローニ、ホルム)、効果量、標本検定力、必要標本数、箱ひげ図

出力例(画像をクリックすると拡大表示されます)
出力画像

一元配置分散分析(対応あり)Paired one-way anova

乱塊法と呼ばれることもあります。

STATWEB出力内容

F値、有意確率、多重比較(ボンフェローニ、ホルム)、効果量、標本検定力、必要標本数、箱ひげ図

出力例(画像をクリックすると拡大表示されます)
出力画像

二元配置分散分析(対応なし)Two-way anova

要因が2つある場合において、平均値の違いを比較します。繰り返しがない場合、交互作用はありません。 交互作用には、水準の組み合わせにより効果がさらに高くなる場合や、逆に打ち消しあってしまう場合などがあります。

STATWEB出力内容

F値、有意確率効果量、効果量、標本検定力、必要標本数、箱ひげ図

出力例(画像をクリックすると拡大表示されます)
出力画像

二元配置分散分析(混合計画)Two-way anova mixture

2つの要因のうち、1つの要因に対応のある場合(同一被験者で反復してデータを測定する)に用います。

STATWEB出力内容

F値、有意確率、効果量、標本検定力、必要標本数、箱ひげ図

出力例(画像をクリックすると拡大表示されます)
出力画像

二元配置分散分析(対応あり)Paired two-way anova

2つの要因共に対応のある場合(同一被験者で反復してデータを測定する)に用います。

STATWEB出力内容

F値、有意確率、効果量、標本検定力、必要標本数、箱ひげ図

出力例(画像をクリックすると拡大表示されます)
出力画像

多重比較Multiple comparison

分散分析の結果、全体として平均値に違いがあったときに、どの群に違いがあるのかについて調べる場合に用います。

STATWEB出力内容

F値、有意確率、多重比較(テューキー、ボンフェローニ、ホルム、シェイファー、ホランド、ダネット、ホーウェル、ウイリアムズ、スティール・ドゥワス、シティール、シャーリーウィリアムズ、ベリ)

出力例(画像をクリックすると拡大表示されます)
出力画像