記述統計

Descriptive statistics データを整理し、そのデータの持つ特徴を記述する方法

要約統計量Summary statistics

量的データ(間隔尺度または比尺度)の記述統計量を計算して出力します。

STATWEB出力内容

平均、分散、標準偏差、最大値、最小値、範囲、歪度、尖度

出力例(画像をクリックすると拡大表示されます)
出力画像

クロンバックのアルファ係数Cronbach alpha

アンケート調査などで、尺度に含まれる個々の質問項目が内的整合性を持つかどうかを判定するために用いられます。信頼性の指標となる信頼性係数の1種で、通常、α係数が0.8以上であれば一貫性があると見なされます。

STATWEB出力内容

任意の変数群のα係数、それぞれの変数を除いた場合のα係数、それぞれの変数とその変数を除く合計値との相関係数

出力例(画像をクリックすると拡大表示されます)
出力画像

正規性の検定Norm test

正規分布に従うかどうかについて検定します。コルモゴロフ・スミルノフ検定、及びシャピロウィルク検定を用います。

STATWEB出力内容

統計量、有意確率

出力例(画像をクリックすると拡大表示されます)
出力画像

二項検定Binomial test

2つのカテゴリに分類されたデータの比率が、理論的に期待される分布から偏っているかどうかを、二項分布を利用して調べる検定です。

STATWEB出力内容

統計量、有意確率

出力例(画像をクリックすると拡大表示されます)
出力画像