Rによる統計学(実践編)

セミナーの目的

・本セミナーでは、Rを用いた実践的な統計解析方法について解説致します。
・各統計手法の解説には、分かりやすい事例を用いて演習により理解を深めます。

*受講後の実践的な活用のために、受講者各自1台ずつPCによる演習を行います。本セミナーではPCをご用意致しますが、ご自身のPCの持ち込みも可能です。分析データはそのままお持ち帰り頂くことが出来ます。

受講対象

・Rによる統計学(入門編)を受講された方
・Rによる分析を行った経験のある方
・Rを用いた実践的な統計解析能力の習得を目指す方
・専門ソフトウェアにて分析経験のある方

学習内容

Ⅰ 記述統計

 1 基本統計量
   平均、分散、標準偏差、中央値、四分位範囲(1Q、2Q、3Q)

 2 箱ひげ図の作成
   箱ひげ図による外れ値の定義と処理方法

 3 ヒストグラム
   正確なヒストグラムの作成法と箱ひげ図との比較

 
Ⅱ 統計的推定と検定

 1 検定のしくみ
   帰無仮説、対立仮説、2種類の過誤、有意確率、有意水準

 2 t検定
  ・1標本t検定、2標本t検定、対応のある2標本t検定
  ・有意確率の意味と正しい解釈
  ・効果量と検定力
  ・サンプルサイズの設定方法
    効果量、有意水準、検定力によるサンプルサイズの設定

 3 ノンパラメトリック検定
  ・マンホイットニのU検定
  ・ウイルコクソンの順位和検定
  ・ウイルコクソンの符号付き順位和検定
  ・効果量

 4 分散分析
  ・分散分析表の見方
  ・F分布
  ・効果量(イータの2乗)

 5 カイ二乗検定
  ・分割表の検定
  ・効果量(ファイ係数、クラメールのV)
  ・比率の差の検定

 6 相関分析
  ・ピアソンの積率相関係数
  ・偏相関係数
  ・スピアマンの順位相関係数

 7 重回帰分析
  ・回帰式の求め方と基本的な解釈法
    偏回帰係数、決定係数、t検定
  ・最適なモデルを求める方法
  ・ダミー変数を用いた重回帰分析
  ・交互作用
  ・ビッグデータに対する重回帰分析

 8 ロジスティック回帰分析
  ・ロジスティック回帰のしくみ
  ・回帰式の求め方と解釈
  ・オッズ比の意味と活用方法
  ・ロジスティック回帰モデルの実践的解釈

(セミナーの内容は、一部変更される場合があります)

セミナー終了後、希望される方には様々なご相談に応じます。

セミナーのお申し込みはこちらから