Rによる統計学(入門編)

セミナーの概要・目的

・本セミナーではRの基本的な使用方法から、Rを用いた統計学の活用方法について学びます。
・Rは統計学、データ分析によく用いられ、統計学の学習・活用にとても相性がよいツールです。
・統計の学習内容については、標準偏差や正規分布といった「聞いたことがある」という統計用語の理解から、相関や回帰などの実践的な統計手法の活用まで出来るようになるレベルを目指します。
・Rの拡張機能であるパッケージ、ヘルプ機能の使用法などについても解説しますので、受講後にはその他の統計手法についても独学で習得可能です。
・各自1台ずつ演習形式により進めますので、初心者でも簡単にRを用いた統計を学ぶことができます。
 
*Rによる実践的な解析能力の習得のために、併せて「Rによる統計学(実践編)」の受講をお勧め致します。

受講目標

・基本的なR 操作を行うことができる
・Rを用いた統計分析を独自で行える
・統計学の基本的な知識・活用方法について理解し、実践的に活用できる

Rのインストール方法、パッケージのダウンロード方法、RStudioのインストール方法などはセミナー内で解説します。
演習データ、分析結果などもそのままお持ち帰り頂くことが出来ます。

受講対象

・Rを初めて使用する方
・Rの基本的な使い方・活用方法を学びたい方
・統計、データ分析に関する基本的な知識を身につけたい方

セミナー内容

1.RとRstudioの基本操作
 1.1.Rとは?/RとRstudioのインストール
 1.2.パッケージについて/インストールと読み込み
 1.3.「変数」の基礎/データの形式とデータフレーム/関数とは
 1.4.データの取り込みと確認

2.代表値・散布度・標準化
 2.1.基本的な計算と基本統計量(代表値と四分位)
 2.2.散布度(偏差、分散・標準偏差)
 2.3.標準化

3.検定
 3.1.検定について
 3.2.t検定(1サンプル)
 3.3.t検定(対応のないウェルチ)
 3.4.t検定(対応のあるデータ)

4.相関と回帰
 4.1.ピアソンの積率相関係数
 4.2.無相関検定
 4.3.線形回帰分析

5.データの可視化
 5.1.データの可視化について
 5.2.ggplot2パッケージの基本的な使い方
 5.3.グラフ作成(基礎編)
  ・ヒストグラム
  ・棒グラフ
  ・積み上げ棒グラフ
  ・積み上げ棒グラフ(割合)
  ・箱ひげ図
  ・折れ線グラフ
  ・散布図
 5.4.グラフ作成(応用編)
  ・グラフの層別化
  ・複数のグラフの同時プロット
  ・3次元散布図
  ・ヒートマップ

6.Rに登録されているサンプルデータ

(セミナーの内容は、変更される場合があります)

セミナー終了後、希望される方には様々なご相談に応じます。

セミナーのお申し込みはこちらから