統計分析手法

データの種類と尺度

調査等の結果としてさまざまなデータが得られますが、データは、性別、血液型、成績順位などの質的データと、身長、売上金額などの量的データの2種類に分類されます。
またさらに、質的データは、名義尺度と順序尺度に分類され、量的データは、間隔尺度と比率尺度に分類されます。

1)名義尺度
名義尺度は、性別分類、地域別分類、(売上高の)商品カテゴリーなど、対象がもつ属性を何種類かに「分類」した尺度です。区別のみに用いられている記号ですので、数値であっても等しいか等しくないかについては意味がありますが、この数字の計算に意味はありません。

2)順序尺度
順序尺度は、成績、好みの順位など、対象間に「順序」をつけることができる尺度です。意味をもつのは順番だけですので、順序尺度の間隔の差、比などに意味はありません。

3)間隔尺度
間隔尺度は、知能指数、気温など目盛が等間隔である尺度です。絶対的な原点がありませんので、尺度間の和差には意味がありますが、比には意味はありません。

4)比率尺度
比率尺度は、身長・体重、売上高など、絶対的な原点が存在する尺度です。従って、四則演算すべてに意味があります。

記述統計

要約統計量/アルファ係数/正規性の検定/二項検定

検定の種類と選択方法

t検定

1標本/2標本/対応のある2標本

分散分析

一元配置(対応なし)/一元配置(乱塊法)/二元配置(対応なし)/二元配置(混合計画)/二元配置(対応あり)/多重比較

比率の検定

母比率の検定/二群の比率の差の検定/マクネマー検定/コクランQの検定(S)

ノンパラメトリック検定

マンホイットニのU検定/クラスカル・ウォーリス検定/フリードマン検定/ウィルコクソン検定/符号検定

分散の検定

F検定/バートレットの検定/ルビーンの検定

分割表の検定

カイ二乗検定/フィッシャーの正確確率検定 2×2/フィッシャーの正確確率検定 m×n

相関分析

ピアソンの積率相関係数・無相関検定/スピアマン、ケンドールの順位相関係数/偏相関係数

回帰分析

線形回帰/ロジスティック回帰/非線形回帰/ステップワイズ法/一般化線形モデル

多変量解析

主成分分析/因子分析/階層的クラスター分析/非階層的クラスター分析/判別分析/正準相関分析/数量化Ⅰ類/数量化Ⅱ類/数量化Ⅲ類/数量化Ⅳ類/共分散構造分析

生存時間分析

カプランマイヤー生存曲線/コックス比例ハザードモデル/一般化ウィルコクソン検定/ログランク検定/コックス・マンテル検定

 

データ分析事例

 

セミナー

ソフトウェア紹介