STATWEBの使用法

【基本的な使い方】

1)EXCEL等でデータを作成します。
データの入力形式は下記の2種類あります。
2)作成したデータをSTATWEBに取り込みます。
取り込み方法には、ファイルを指定する方法、クリップボードを介して取り込む方法があります。
3)該当する分析をメニューから選択します。

■データの入力形式

データの形式には、データを分類する必要のないマトリックス型と、データを分類するために分類変数を使用する分類型があります。
分析手法により、いずれかの形式でデータを作成します。

 
マトリックス型
通常の行列形式のデータ形式です。

売上高 広告費  販売促進費 人 口
2350 255 125 662
1356 124 66 445
3955 456 412 956
785 92 102 124

分類型  

2群以上のデータを分類するために、分類変数を使用したデータ形式です。

分類変数に漢字、全角文字は使用できません。半角数字で記入します。

2群の場合(性別:分類変数)[男:1 女:2]

 性別  得点
1 88
1 75
1 56
2 79
2 92
2 68

3群の場合(都市:分類変数)[1:東京, 2:名古屋, 3:大阪]

都市 売上高
1 567
1 756
2 489
2 675
3 915
3 794

<分類型のデータを使用する分析手法>

各種グラフ、2標本t検定、一元配置分散分析(対応なし)、二元配置分散分析(対応のない場合、混合計画)、分散比の検定(F検定、バートレット検定、ルビーン検定)、マンホイットニのU検定、クラスカルウォーリス検定

以下の4種類については動画を作成して埋め込みます。

<使用例>

例1)EXCELデータの取り込み

EXCELで作成したデータをクリップボードで取り込む(マトリックス型)

EXCELで作成したデータをクリップボードで取り込む(分類型)

例2)2標本t検定(平均値の差の検定)

新製品の好感度について10点満点にて調査した。男女別各10人の評価は次の通りである。男女間における評価の違いは見られるか。

性別 №1 №2 №3 №4 №5 №6 №7 №8 №9 №10 平均
男性 7 3 8 5 9 2 5 7 6 9 6.1
女性 6 4 7 3 6 3 6 6 4 8 5.3

EXCELでデータを作成し、クリッポボードで取り込み2標本t検定を行う。

例3)線形回帰分析

駅前コンビニの売上高(百万円/月)と、それに影響を与えると思われる要因である乗降客数(千人/日)、取扱品目数(品)のデータについて線形回帰分析を行う。

 №  売上高  乗降客数  取扱品目数
1 130 93 150
2 290 234 311
3 235 250 182
4 260 260 245
5 140 119 149
6 173 180 160
7 135 151 98
8 190 192 180
9 220 273 113
10 181 185 105

EXCELでデータを作成し、クリッポボードで取り込み線形回帰分析を行う。

■データの入力形式

データの形式には、データを分類する必要のないマトリックス型と、データを分類するために分類変数を使用する分類型があります。
分析手法により、いずれかの形式でデータを作成します。

要約統計量

量的データ(間隔尺度または比尺度)の要約統計量を計算して出力します。

■出力内容

平均、標準偏差、中央値、切り落とし平均、平均絶対偏差、範囲、最小値、最大値、歪度、尖度、標準誤差

 

■操作方法

1)使用する「データベース」を一覧から選択。

2)OKをクリック。

3) 結果が表示されます。

 

■分散

データのバラツキの程度を表します。各データと平均値の差を二乗し合計したものを(データ数-1)で割って求めます。

 

■標準偏差 分散の平方根です。

 

■中央値(メディアン)

データを大きさの順に並べたときの中央にあるデータです

■切り落とし平均

データを大きさの順に並べ、上下10%の値の除いたときの平均値です。

■歪度・尖度

分布が正規分布からどれだけ逸脱しているか左右対称性を示し、正規分布のときに値は0となります。分布が左にずれて裾が右に伸びているときは正の値を、右にずれて裾が左に伸びているときは負の値になります。

■標準誤差

標本平均の標準偏差を指し、標準偏差をサンプルサイズの平方根で割ることにより求められます。